助産師になる

助産師の資格も保健師同様に、看護師プラス オンの資格の1つになります。助産師の養成機関 を卒業した後、厚生労働大臣が行う国家試験に 合格しなければなりません。

2003年末現在、助産師として働く看護職は、全 国に2万5724人います。助産師の資格は、看護 師・保健師とは異なり、女性に限定されています。 そのため・現在のところ男性の看護師が助産師 資格を取得することはできません。

助産師は自分で助産院を開業できる権利がある

助産師の仕事は、妊娠している女性の世話を したり、相談に乗ったりしながら妊娠期を支え、正 常な出産の場合には、助産師が主体となり、妊婦 のお産をサポートすることです。

最近は、このような本来の役割を期待し、助産 師が妊娠期から出産後までトータルにケアする 「助産師外来」を設置する病院も少しずつ多くなっ てきました。ただし、助産師は産科機器や薬剤を 使用する事が法律で認められていないため、 帝王功開などの異常分娩の場合は医師の補佐 役として働くことになります。

また、助産師には開業権があります。つまり、自 分で助産院を開くことができるのです。ここが他 の看護職とは大きく違うところですが、現在のとこ ろ、その数は全体のわずか2.8%(723人)に過ぎ ません。助産師の約70%が病院に、約17%が診 療所に勤務しています。

しかし、「自然なお産をしたい」女性たちが助産 院や自宅での出産を希望するようになったこともあ り、近年では30~40代の中堅層を中心に開業す る助産師も出てきています。

一方、助産師はリプロダクティブ・ヘルス(性と 生殖の健康)のにない手て、妊娠中の女性だ けではなく、思春期や更年期の女性への援助が 期待されています。

さらに、子どもの虐待や 異性間暴力の予防における中心的メンバーとして も注目を集めています。

総合的に助産学を学べる専門大学院も出てきました

助産師の養成機関には4年制大学、専修学校 専門課程、短期大学の専攻課程があります。多く は看護専門学校の上級コースとして設置され、1 年制(法律では6か月以上)ですが、最近は、総合 的に助産学を学べる専門職大学院も増えてきまし た。また、4年制大学では看護師と助産師の国家 試験受験資格が同時に得られるところもあります。

看護のお仕事

[▲このページの先頭へ]