保健師になる

保健師は、看護師プラスオンの資格の1つです。 保健師になるには、保健師の養成機関を卒業し た後、厚生労働大臣が行う国家試験に合格しな ければ免許が交付されません。

2003年末現在、保健師として働く看護職は、全 国に4万5976人います。そのうち男性は、1186人 です。保健師の資格は女性にずっと限定されてい ましたが、1993年から男性にも認められるようにな りました。

地域で暮らす人々の心と体の健康を守る仕事

保健師の仕事は、赤ちゃんからおとしよりまで地 域で暮らす人々の心と体の健康を守ることです。 そのため、保健所や市町村などの公的機関で公 務員として働いている保健師が全体の約65%を 占めています。

保健所に勤める保健師たちは、乳幼児健診を 通して子どもが健康に成長していることを確認し たり、がんや糖尿病などの生活習慣病を早期に 見つけるための成人健診を行ったりしています。 近年、大きな問題になっている幼児虐待の早期対 応についても母子保健の知識を持つ保健師への 期待が高まっています。

さらに自宅療養する高齢者や病人、新生児が いる家庭を個別訪問して生活相談に乗ったり、ケ アの方法を指導したりすることも保健師の大事な 仕事の一つです。市町村に勤務する保健師も保 健所同様に、地域住民の健康を守るために働い ています。

そのほかの働く場所として病院や診療所、企業 (事業所)、介護施設、訪問看護ステーションなど、 保健師が活躍する場は広がっており、とくに高齢 者を対象にした在宅ケアのにない手としての活動 がめだってきています。

また、保健師の資格があれば養護教諭2種免 許が取得できるため、養護教諭として学校の保健 室で働くこともできます。

4年制大学は看護師と保健師の受験資格が同時に得られる

保健師の養成機関としては4年制大学、専修学 校専門課程、短期大学の専攻課程があります。4 年制大学の場合は、卒業時に看護師と保健師の 国家試験受験資格が同時に得られます。

保健師養成機関の多くは看護学校の上級コー スとして設置され、1年制(法律では6か月以上)で す。そのほか単独の保健師学校もあります。

看護のお仕事

[▲このページの先頭へ]