看護師としてキャリアを高める

以前から「看護師」の資格を持っていることで、 さらに違う資格が取れる仕組みはありましたが、 近年、医療が高度化そして複雑化する中で、より 多くの認定資格が登場するようになりました。

これから看護師をめざす人たちには、まだまだ 先の話ですが、看護師資格のほかに、どのような 資格が取れるのかを知っておくことは、看護学校 を選択するうえで、あるいは自分のキャリアパスを 描くうえで大切なことです。

たとえば、保健師助産師は、看護師プラスオ ンの資格ですが、その養成校は看護専門学校の 上級コースとして設置されていることがほとんどで す。つまり、看護専門学校を卒業した後、そのま ま上級コース(1年制)に進めば、保健師もしくは助 産師の受験資格が得られ、新しい選択肢が加わ ることになります。

さらに4年制大学に進学すれば 卒業時に看護師と保健師もしくは助産師(専攻課 程を選択)の受験資格が同時に得られます。

一方、一昔前まで病院で働く看護師のキャリア アップといえば、主任や師長などの管理者になる 道しかありませんでした。しかし、今では自分の看 護技術と知識を高めていける制度が用意されて います。それが、「認定看護師」「専門看護師」と 呼ばれる専門看護師ヘの道です。

このような動きを受けて、臨床の第一線で活躍 する先輩看護師たちの間でも「自分の看護の質を 高め、患者さんへのよりよいケアにつなげたい」と いう専門看護師取得への欲求が次第に高まってい ます。

認定看護師、専門看護師には、現場での実務 経験が問われるため、看護専門学校や看護大学 を卒業するだけで取れる資格ではありません。し かし、臨床看護師の選択肢にも広がりが出ている ことを、ぜひ知っておいてほしいと思うのです。

看護のお仕事

[▲このページの先頭へ]