看護師に必要な能力

病院で働く看護師の仕事には、大きく分けて 「診療の補助」と「療養上の世話」という2つの役 割があります。

診療の補助とは、医師の治療方針や指示に従 い、注射や点滴、薬の投与、あるいは検査の介 助など、さまざまな治療のサポートを行うことです。

もちろん、そこには「人の生命を預かる」という重 大な責任が発生するため、何よりも看護師には高 い安全性が求められます。

医師の指示に従って治療の援助はしますが、 看護師自身「この患者さんは、このような状態だか ら、この薬や検査が必要」という科学的な根拠を 確認しながら治療のサポートをすることが重要で す。人に言われるまま動くのではなく、自分で考 えることにより、高い安全性を患者さんに保証で きるといえます。

したがって看護師の免許を取れば、ゴールとい うわけではなく、日進月歩で進化する医学知識に ついて、つねに自分自身で勉強していかなければ なりません。また、医学の常識が変われば、それ に伴い看護の方法も変化します。新しい技術や 理論を取り入れ、看護の質を高めていくことも必 要です。看護師を現役で続けるかぎり、学び続け る姿勢が求められますが、これは「専門職」の 宿命だといってもよいでしょう。

看護のお仕事

[▲このページの先頭へ]