燃えつき症候群に注意

燃えつき症候群ということばをご存知ですか。高い目標を抱いて仕事に全力を注い でいた人が、ある日突然、燃えつきたように急速に仕事の意欲を失ってしまうことです。 バーンアウト症候群とも呼ばれています。

過度な緊張やストレスが長く続いているにもかかわらず、それを乗り越えようとさらに頑 張りすぎ、ついにはストレスに対処しきれなくなって燃えつきてしまうのです。

燃えつき症候群は、いわゆる仕事に燃えている人、理想の高い人に生じやすい症状 です。いろいろな職業の人に見られますが、特に医療や教育、福祉など、人と直接関わ る職業に多く、看護職にも多発していることが指摘されています。新人より、どちらかというと中堅クラスの人に生じやすいようです。

周囲の要求に応えようと自らの目標をどんどん高くしてしまったり、人の人生に関与す る重要な役割を担っていることの重圧感が頑張りすぎを招いてしまうのでしょう。

理想と現実のギャップに悩み、または燃えつきてしまって看護職を離れていく人もいま す。こうした退職者を防ぐために、病院では卒後教育の充実や相談しやすい体制づくり を進めるなど、職場全体で働く環境や条件の改善に努めているところもあります。

一方、慢性的な人手不足で改善をする余裕のない職場があるのも現状で、人手不足 が働く条件を悪化させ、さらに退職者を増やす悪循環もよく指摘されていることです。

この問題を含めて、看護の職場にはまだ多くの課題があり、解決へと努力が重ねられ ているところですが、一人ひとりが問題意識を持ち改善を心がけるのも大切なことです。

看護のお仕事

[▲このページの先頭へ]