看護師の寮生活

大学病院や大規模の病院には、たいてい女性看護師寮があります。近くに、または同 じ部屋に看護師仲間が住んでいると、同業者ならではの悩みを打ち明け合ったり、お互 いに助け合ったりして生活することができ、心強いようです。

間取りや設備、管理人さんがいるいないなどスタイルはさまざまですが、個人で部屋を 借りるよりかなり安い家賃(相場の約半分から10分の1)で生活することができます。

最近は、寮の1人部屋といっても、病院向体でワンルームマンションを所有していたり、 借り上げたりといったところも目立ちます。その場合も、お風呂や食堂は共同といったところや、一つひとつの部屋にきちんとバスートイレ、ミニキッチンなど生活に必要なものが揃っていて完全に独立しているなど、病院によっていろいろです。

共有スペースには茶道用のお茶室をしつらえたり、ランドリールームを備えたりと、快適に過ごせるような工夫を凝らした寮も、いろいろとあるようです。

何かと心強い2人部屋

寮にはワンルームマンションのように、1人ずつが完全に独 立して生活できるものも増えてきていますが、3DKに2人か ら3人で共同生活するといった以前からのパターンのものも まだ数多くあります。これは寮という集団生活の特徴が、最 も色濃く出るスタイルでしょう。

1人きりになれる時間や空間は限られてきますが、「灯りの ついていない暗い部屋に1人で帰るより、友達と一緒の方 が淋しくなくていいんです。テレビだって1人で見るより2人 で見る方が楽しいでしょう」という意見も聞かれました。

看護のお仕事

[▲このページの先頭へ]