看護師の残業の実態

看護師は人間を相手にしている職業なので、やむを得ず 時間どおりに仕事を終らせることができない場合も出てきま す。残業には、基本的に残業手当がつきますが、超過勤務 すべてに手当がつくわけではありません。

2001年9月に超過勤務(手当がつかなかった時間も含む) をした看護師(正職員)は83.1%で、その超過勤務時間の 平均は14時間17分です(社団法人日本看護協会「2001年 看護職員実態調査」より)。残業の理由としては、症例の研 究、患者さんのフォローのほかに管理的な立場での業務な どがあげられます。

ちなみに、民間企業の一般労働者の月間所定外労働時 間は、平均9.0時間(厚生労働省「毎月勤労統計調査・平成 13年度計」より)となっていて、看護師がいかに長く残業して いるかがわかります。

看護のお仕事

[▲このページの先頭へ]