看護師の休暇

92年5月から国家公務員に対して完全週休2日制が導入されたのをきっかけに、看 護師が週に2日休める病院が増えてきました。

93年には、公立・民間の病院で、完全週休2日制を導入しているところが51.3%、隔 週週休2日としているところが31.2%となっています。

また、2001年には、完全週休2日制で勤務している看護師の割合が65.6%になるな ど、以前と比べて大幅に増えてきています。

看護師の有給休暇

就職すると、一般的に「年次有給休暇」という、給料が支払われる休暇がもらえます。 この年次有給休暇は、例えば年末年始休暇や夏季休暇に加えて、ゆっくり帰省したりす る場合などにも有効に利用されています。

与えられる有総休暇(所定有給休暇)の日数は、勤務する病院によってまちまちです。 労働基準法によると、1年目で年問10日、次の年から1日ずつ増えて年問20日までと定 められていて、看護師の有給休暇についても、ほとんどの病院がこの法にならって設定 しています。

その他の休暇

これから学校に通って看護師になろうという若い方には、まだピンとこないかもし れませんが、介護休暇や育児休暇なども利用できるようになってきています。

労働省(現厚生労働省)では、高齢化社会に対応するため、92年7月に要介護者の 範囲を配偶者・父母・子供とし、休業期間を3か月などとする「介護休業等に関するガイ ドライン」を策定しました。これによって、看護師の職場でも介護休暇制度が取り入れ れ、最も近い身内の看護をしやすい状況が生まれてきました。

92年4月から施行された「育児休業等に関する法律(現育児休業、介護休業等育児又 は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律)」により、育児休業・休暇も法的に認めら れるようになっています。実際の取得率は2001年で50.7%と、全国平均をやや下回って います。そのかわり、取得週数は長くなりつつあります。

このように、まだまだ十分とはいえませんが、看護師を一生の仕事としていくうえでも、さまざまな休暇の制度が整えられ、それぞれの病院で対応されつつあります。

勤務日を変わってもらう

看護師というのは、1人でも欠けると、想像以上に大きな負担が現場にかかってしまい、一人ひとりの責任が大変重い職業です。 勤務表は前の月に決められます。それでも、急な発熱など避けられない事態には、勤 務日を替わってもらうことができます。

勤務表が決まった後で、どうしても断われない用事が入ってしまったら、同僚に頼んで 替わってもらったり、上司に相談して勤務表を組み直してもらったりしています。実際には、 若い独身看護師の方が、交替要員として声をかけられることが多いようです。「年功序 列」はどの職場にもつきものです。

看護のお仕事

[▲このページの先頭へ]