看護師(ナース)100人に聞きました。

ある調査によれば女の子のなりたい職業の第3位は「看護師」だそうです。「白衣の天使」にあこがれて人の役に立ちたい「手に職」をつけたいなどなど、看護師になりたいと思う動機は人それぞれ違いますが、「看護師」になって何が良かったと実際に思っているのでしょうか。

>>全国対応の看護師転職サイト「看護のお仕事」<<

看護師(ナース)という仕事を選んでよかったこと、BEST5

看護師
第1位 資格が取れる
【看護師の声】 どこまでも不況が続く時代。「手に職」があるのは安心です。さらに看護師が活躍できる場所は、病院・診療所にかぎらず福祉施設や地域社会に広がっています。簡単にいうと「つぶしがきく仕事」。看護師の資格を持っていれば、どんな状況になっても生きていける気がします。
第2位 人の役に立てるうえに喜ばれる
【看護師の声】 ひと昔前は「キツイ・キタナイ・キケン」の3K職業の代表のようにいわれた看護の仕事。もちろん、それは現実の一つで、つらいこともたくさんあるけれど、看護師を続けてこられた大きな原動力は、患者さんの笑顔と「ありがとう」のひと言。「人の役に立っている!」と実感できる瞬間です。 
第3位 収入が高めで安定している
【看護師の声】 安定している収入も大きな魅カ。資格の必要な専門職だし、それなりに厳しい仕事 だから、事務職より収入が高いのは当然といえば当然ですが、じつは医療職同士で 比較しても、看護師の収入はやや高めなのです。
第4位 就職に困らない
【看護師の声】 10-15年前は「看護師不足の時代」といわ、看護師はとても就職が楽でした。 しかし、最近は養成所の数が増え、おまけに不況で退職する看護師も減っています。 つまり、以前とは違い、働きたい病院に必ず就職できるかどうかは保障さ れません。とはいえ、そこは専門職。よほどえりごのみしなけれ ば、就職にはあまり困りません。
第5位 自己成長がどんどんできる
【看護師の声】 看護師は「ケアの専門家」。働き始めても科学的な知識や技術を積み重ねながら 成長していくことが求められます。また、そういう自己成長に喜びを感じる 看護師が多いのも事実。最近は、がん、糖尿病(とうにょうびょう)、救急など、 ある特定分野の専門を持った看護師の活躍も目立ちます。やる気になれば、 自分の可能性をどこまでも伸ぱしていける職業なので、やりがいは十分にあります。
看護のお仕事

[▲このページの先頭へ]

おすすめリンク

中村式温熱治療でがんの免疫力を高める